J.P.ホル展「HARDSHIP」

2003dream001 DSC_8 DSC_0052 DSC_0004 2007osaka02

studioJにおける10月の展覧会としまして、J.P.ホル(Johan Peter Hol)展「HARDSHIP(苦難)」を開催いたしました。
J.P.ホルは、オランダに生まれ、現在はミラノとアムステルダムに拠点を置き、ヨーロッパ各国で精力的に個展、グループ展を開催しています。
studioJでは、2005年に日本で初めての個展を開催し、今回が2度目の個展となります。 なお、今回は東京のギャラリーエフに置いても、ほぼ同時期に個展が開催されます。
大阪展では、「HARDSHIP(苦難)」というタイトルのもと、”dog eats dog”“dream scape”“caged”の3部から構成されるビデオ・アニメーションのショートフィルムを中心 に、フェルトによるファイバーワーク、キッチュなモチーフのオブジェと共に展示しました。

後援:在大阪・神戸オランダ総領事館
協力:特定非営利活動法人キャズ

東京のギャラリーエフでは、「Forgotten(忘れ去られたものたち)」をタイトルに、剥製作品や、 切り絵、段ボールハウスなどの作品を中心に展示しています。